勘弁してください|使用済みマスクを売るなんて!有り得ねぇ

使用済みマスク.jpg


 ネット上に「使用済みマスク」の話題、記事が多いことに閉口しちゃいます。
 その中にこのブログも含まれることが残念な程です。

 使用済みマスクを直ぐに捨てれない時の保持方法や捨て方、再利用可能なマスクの洗い方や干し方、自身が使用する上での殺菌方法など、エチケットやマナーに加えて、より一層の安全で衛生的な使用方法を紹介する記事ならば納得でき、大いに歓迎できすが、使用済みマスクはタブーか否か、更には売り方、買い方などを質疑するコーナーの多さにゲンナリしちゃいます。

 そんなの有り得ないでしょ?

 世の中、新型コロナで大騒ぎというのに、そのウィルスが潜む可能性のある使用済みマスクを(如何なる処理があったにせよ)他人に譲ったり、売ったりするための議論が多いなんて。壊れてますね。人間失格でしょ?

 まぁ、使用済み下着(生パン等)の市場が存在することを比較対象(基準)とすれば、まさかのフェチズム?とも一瞬脳裏をかすめますが、マスクの場合はお愉しみで笑える世界ではなく、テロ(無差別殺人)に相当する非人道的な極悪行為ですよね。

 幾らマスクが枯渇しているからといって、個人が非正規に使用済みのマスクを他人に売買するなんて、そして売買できる環境があるなんて勘弁して欲しいものです。


 黙っていても、静かにしていても、途切れることなく悪事は降り注いで来ますね。
 健全な精神と健康な身体を維持するには、相当の注意深さ以上の残念ながら疑い深さを身に着ける必要がありそうです。

 新型コロナの一件で、人類が人間不信に陥らないことを祈ります。


 日本政府も、国民全世帯にマスクが行き届く施策を実行すべきで(発表とニュースは見飽きた、聞き飽きた)、いい加減に形にしなければ『つまらんばい!』いつまでマスクを待たせるの?



この記事へのコメント