明日の運勢が気になる時がある|客観的な偶然の答えに勇気付けられて快眠

運勢0402.png


明日の運勢を1枚のタロットカードを引くことで簡単に占ってみることができます。

お試しになる方は、以下のURLでどうぞ。
https://uranailady.com/fortune/tomorrow.html


 寝る前の一時、独りになってパソコンに向かい緑茶と煙草でリラックスモードに入ると、今日の出来事、明日の予定、過去の出来事、未来の不安など、止めどなく頭の中に湧き上がって来ます。

 全て軌道上の想定内で「今日に感謝」「明日への期待」と前向きな気持ちに包まれる日は良いですが、仕事、お金、人間関係、妻との絆、親族との付き合い、孫たちへの心配、老い行く心身の減退感、食事、着替え、選択、炊事、お弁当、煙草、おやつ、娯楽、趣味、嗜好品、買い物、マスク、新型コロナ、愛犬の晩御飯など、細かな事がいつまでも頭の中を離れずに圧し潰されそうな暗い気持ちに陥ろうとする時があります。

 そのままの気持ちでベッドに横になっても、いつまでも頭の中は半生状態で覚醒しているため寝つけずに苦しむ結果となってしまいます。

 そんな時は、最後の力と勇気を振り絞って「明日の運勢」を覗くようにしています。

 確かに都合の良い自分勝手な理解の仕方とは思いますが、占い結果が芳しくない時は、「それは最悪のシナリオ」と有難く示唆を受け取り、そうならないための工夫や努力目標を頭に浮かべてみることにしています。
 そうすることで、悲観的に卑下することもなく先を読めたお得感に包まれて安心することができるのです。

 勿論、建設的な強い示唆を受けた時は「そのまんま丸ごと」をご馳走になり、感謝の気持ちを込めて静かに瞼を閉じれば、知らぬ間に寝落ちることができ清々しい朝を迎えることができます。



メモ書きしてしまい頭の中を空っぽにする方法もある

 有るような無いような曖昧とも思える運勢占いに頼るのが嫌いな方は、クールに機械的な手法でリラックスする方法もあります。
 先ず、メモ帳に思いつくまま、頭の中にある雑多を箇条書きで書き出してしまいます。
 そして、たった今、手元に無くても困らない要素を、一行一行、一本横線を引っ張って消して行くのです。
 これから眠りにつくために不要な要素を取り除いてしまうのです。
 殆どの場合、全ての箇条書きが字消し線で潰れてしまうことになるでしょう。

 それでもどうしても残ってしまった要素は、それだけに絞って再度考え直してみます。「今必要ですか?」「明日でも良いのでは?」と問いかければ自ずと答えが得れることでしょう。

 自分自身へのルールとしても、一度書き出した要素は頭の中から削除してしまったことでウジウジと思い出さない、思い返さないことを徹底します。

 そうすれば、ベッドに横になった時には頭の中は空っぽ状態で、瞼を閉じても無の境地が優しく包んでくれるでしょう。

 横になってから考え事をしない、頭を使わないことが重要です。









この記事へのコメント