山口県|角島|日本離れした「エメラルドグリーンの海と白い砂浜」

角島01.JPG


 写真では過去に幾度が目に留まったことがありました。
 経験で知る限りでは沖縄や与論島を想わせる南国ムードが漂う場所で、とにかく海がキレイ!
 
 日本語で表現しようとすると「快晴の海」で、「エメラルドグリーンの海と白い砂浜」が目に焼き付きます。

 小さな半島から角島に続く海上の橋(角島大橋)が、まるで楽園への架け橋のように特別な存在として絵に成り過ぎています。
 両側の美しい海を眺めながら橋を渡ってみたいという衝動に駆られることは間違いないでしょう(通行無料)。

 途中、3~4台の車が停車できる路側帯がありますが、交通量が少なかったこともあって思わず停めて、暫く潮風を感じながら美しい海の映像を記憶の隅々にまで録画しちゃいました。

 都会での暮らしや日常生活の疲れを一瞬にして忘れさせてくれる絶景です。


角島02.JPG


 橋の入口側には広い展望兼パーキング(公衆トイレ付)があり、美しい南国風の海と角島大橋を一望することができます。

 また、左側に海を眺めながら国道191号線を北上してくると、角島大橋の手前約3kmの地点に道の駅(北浦街道ほうほく)があり、ここから遠目に角島と角島大橋を眺めることができます。
 この道の駅のトイレの海側は大半がガラス張りで気持ち良く、清潔感と心地よさで最高得点でも授かりそうな造りです。
 店内も焼きたてパンを提供するコーナーもある豊富な品揃えで、視覚も臭覚も味覚も満足させてくれる明るいムードでした。


【参考サイト】

角島ナビ
http://tsunoshima.info/

道の駅|北浦街道ほうほく
https://michinoeki-houhoku.jp/



蛇足

 近頃のネット記事やスマホでの検索機能が優れているため、現地の詳細情報や経路案内等は敢えて添記していません。


この記事へのコメント