主婦狙いの不倫マッチングは来週が好機

登校.jpg


 世の中の子供を持つ主婦たちは、今がストレスのピークです。
 普段の日中、有り余る時間を結構自由に浪費してきた悪母なら、なおさら。

 どうしてって?

 今月に入ってからは、新型コロナによる学級閉鎖によって、普段居ない子供たちが騒ぎ、お腹を空かせてピーピー叫び、本来の母に戻らざるを得ない「有閑マダム」ならぬ「勇敢マダム」を偽装しなければならなかったからです。

 旦那や子供たちの留守を狙った逢瀬に憧れる、または楽しんでいた悪女にとっては、心の準備なく強制された自由の拘束期間が長過ぎ、身も心も溜まるものが行き場を失う状況なのです。

 自由気ままな外出も、秘密のスマホも触れない、もちろん内緒の玩具遊びなんて以ての外という期間が2週間以上も続くと、流石に溜まりますよね。


 子供たちは宝物とは言っても、小学生低学年の男女3人の孫たちが遊び場と行き先を失って雪崩れ込んで来ますが、日中は部屋で鬼ごっこ、歌合戦、ソプラノ合唱、尻取り遊び、お絵かきごっこ、謎々出題で巻き込まれて大騒ぎ。
 おまけに2時間単位でお腹が空いた、喉が渇いた、何が食べたい、これが飲みたいと、5合炊きの白米も一瞬で消失、冷蔵庫、冷凍庫の非常食や取って置きの高価食材も空腹満たしの対象になって空っぽ。お風呂も好き放題、電気も灯っ放しと、躾込みの特別学童保育ならお母さんに月謝でも請求したいと思っちゃうほど。

 爺と婆の駆け込み寺なら「いいよ、いいよ」で済む世界も、100%の四六時中に普段は静かな家中がザワザワ、ガサガサ、出費もかさ張る状態とあっては、「いい加減にしてよっ~!」とストレスを罪のない子供たちに向けてしまいそうになっちゃいます。

 こんなストレスをお母さん一手で引き受けているとすれば、溜まるモノは半端ではないでしょう。

 来週からは登校も復帰の話題がニュースで流れるのを耳にし、母たちにとっては嵐が去って羽根を労わる時間が色濃く待ち遠しいはずです。


 心身懐の3要素が渇ききっている状態ですから、主婦が好物の男性にとっては最高の好機が到来と言うことになります。
 ただ、優しく愚痴を聞き、渇いた体を潤し、少しの贅沢ができさえすれば、簡単に臨んだ時間を共有できることでしょう。

 最早、悪女、悪母にとって倫理観は吹っ飛び、ひたすら失ったモノを取り戻すのに貪欲になっています。
 来週は絶好機で、近くのラブホも賑わうことでしょう。今度は薬局、ドラッグストアでゴムの品薄が発生するかも知れませんね。












"主婦狙いの不倫マッチングは来週が好機"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: